保育者になつかない子への対応

« なんでも自分でできてしまう子への対応 | 保育士が大好きトップページへ戻る | 子供が熱を出した時の対応 »

保育士が大好きへお越し頂き有り難うございます。少子化の時代だからこそ、子供のお世話をさせて頂く立場の私たちの質が問われているように感じます。保育士は国家資格なので、保育所やその他の児童福祉施設で働いた経験がなくても、保育のスペシャリストとして子どもに関わるさまざまな仕事に就くことが出来るのが大きなメリットです。実際に、児童福祉関連の事業や民間の保育サービスなど、保育士の資格を採用要件としているところは増えてきており、保育士としての資格を生かす場は今後もますます広がって行くと推測されています。 本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。



保育者になつかない子への対応

子供の中には、保育者が声をかけたり、遊びに誘っても仲間に加わらず、手をつなごうとしても離れていってしまうようななつかない子もいます。集団生活になじめず、自分に自信がないばかりか、劣等感を抱いてしまっており、保育者が日頃、子供を励まそうとしてなにげなく使ってしまう、良し悪し、うまいへたなどの比較の言葉に、特に敏感になってしまうようです。保育者はそういった子供たちの心を理解し、日頃の言動に注意するとともに、そういった子供には必要以上に誘ったりせず、本人の意思にまかせ見守る、待つ保育を心掛けるようにしましょう。







キーワードでサイト内を検索