子供がおもらしをした時の対応

« すぐ泣き出す子の対応 | 保育士が大好きトップページへ戻る | 乱暴な言葉づかいをする子への対応 »

保育士が大好きへお越し頂き有り難うございます。少子化の時代だからこそ、子供のお世話をさせて頂く立場の私たちの質が問われているように感じます。保育士は国家資格なので、保育所やその他の児童福祉施設で働いた経験がなくても、保育のスペシャリストとして子どもに関わるさまざまな仕事に就くことが出来るのが大きなメリットです。実際に、児童福祉関連の事業や民間の保育サービスなど、保育士の資格を採用要件としているところは増えてきており、保育士としての資格を生かす場は今後もますます広がって行くと推測されています。 本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。



子供がおもらしをした時の対応

保育をしていると、おもらしをしてしまう子も何人かいます。おもらしをしてしまった時、子供はとてもはずかしく、困っているので、そんな気持ちを配慮しながら、思いやりのある対応をしましょう。ぬれたパンツを自分でそっと取り替えるように援助し、ビニールに入れて持ち帰るようにする際も、他のみんなに見られてはずかしい思いをすることのないように配慮します。そして、「間に合わなかったね、もうちょっと早くトイレにいけばよかったね。」とやさしく声をかけましょう。おもらしぐせのある子供には、かわいたパンツをはく気持ちよさを知らせるために、おもらしにはすぐに気付くようにします。保護者とも連絡を取りながら、ぬれたままのパンツで生活することのないように気をつけましょう。







キーワードでサイト内を検索