子供たちと話し合って決める

« 考えることが身につく保育 | 保育士が大好きトップページへ戻る | すぐ泣き出す子の対応 »

保育士が大好きへお越し頂き有り難うございます。少子化の時代だからこそ、子供のお世話をさせて頂く立場の私たちの質が問われているように感じます。保育士は国家資格なので、保育所やその他の児童福祉施設で働いた経験がなくても、保育のスペシャリストとして子どもに関わるさまざまな仕事に就くことが出来るのが大きなメリットです。実際に、児童福祉関連の事業や民間の保育サービスなど、保育士の資格を採用要件としているところは増えてきており、保育士としての資格を生かす場は今後もますます広がって行くと推測されています。 本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。



子供たちと話し合って決める

子供と一緒に生活のきまりや約束ごとを考え、話し合って決めることで、子供を主体とした保育をすることができます。例えば、このおもちゃ、どうやってどこに片付けようか。などを子供たちに問いかけ、それぞれの意見を尊重しながら話し合います。発言することで恥ずかしい思いをしたり、劣等感をもってしまうことがないように保育者は気をつけながら、意見のぶつかりあいにも公平な立場で接します。そうして自分たちの決めた方法で、遊んだあとにはきちんと片づけをするという約束をみんなで守れるようにしていきます。







キーワードでサイト内を検索