視野を広げて就職先を探そう

« 卒業見込みの登録申請のしかた | 保育士が大好きトップページへ戻る | 公営の採用試験の情報は »

保育士が大好きへお越し頂き有り難うございます。少子化の時代だからこそ、子供のお世話をさせて頂く立場の私たちの質が問われているように感じます。保育士は国家資格なので、保育所やその他の児童福祉施設で働いた経験がなくても、保育のスペシャリストとして子どもに関わるさまざまな仕事に就くことが出来るのが大きなメリットです。実際に、児童福祉関連の事業や民間の保育サービスなど、保育士の資格を採用要件としているところは増えてきており、保育士としての資格を生かす場は今後もますます広がって行くと推測されています。 本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。



視野を広げて就職先を探そう

保育士資格が国家資格になったことで、養成校の数も保育士資格取得者の数も増加傾向にありますが、認可保育所や児童福祉施設への就職は、募集が少ないためなかなか難しいのが実状です。公営でも私営でも認可保育所や児童福祉施設の場合、職員募集は、事業の拡大や新規開設などで増員する機会を除けば、現在の職員が退職した場合の補充として募集する程度だからです。しかし、就職希望者は新卒者だけでなく、年齢制限内で何度でも採用試験にチャレンジすることができるので、採用へはより狭き門になります。公営にどうしても就職したいと考えるならば、全国の保育所に目を向けてみたり、非常勤保育士や短時間保育士という道もあるのです。認可外保育所で働きながら、公営保育所への就職のチャンスを待つ方法もあります。保育士としての経験を積み重ねていくうちに、何が自分にとって一番大切かが分かるかもしれません。







キーワードでサイト内を検索