3年制の短大も増えつつある

« 養成校の中で最も数の多いのが短大 | 保育士が大好きトップページへ戻る | 保育士を養成する大学とは »

保育士が大好きへお越し頂き有り難うございます。少子化の時代だからこそ、子供のお世話をさせて頂く立場の私たちの質が問われているように感じます。保育士は国家資格なので、保育所やその他の児童福祉施設で働いた経験がなくても、保育のスペシャリストとして子どもに関わるさまざまな仕事に就くことが出来るのが大きなメリットです。実際に、児童福祉関連の事業や民間の保育サービスなど、保育士の資格を採用要件としているところは増えてきており、保育士としての資格を生かす場は今後もますます広がって行くと推測されています。 本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。



3年制の短大も増えつつある

修業期間が3年の短大は、現時点ではまだ数は少ないですが、時間をかけてより専門的なことを学べるという点から、徐々に増えてきています。昼間3年制には2種類あり、純粋に3年かけて、より学習を深めるところと、短大の2年間の課程を修了したあと、専攻科という専門課程を1年間学習するかたちをとっているところがあります。後者の場合、短大の2年間の課程を修了したあとに、専攻科に進むかどうかを選択することができます。専攻科ではなく、大学に編入するという選択肢もあるのです。ただし、保育士養成校である場合は、専攻科は保育士資格を取得するためにあるので、専攻科に進まなければ保育士資格は取得できません。専攻科にも、従来からあるような、短大などを卒業した有資格者がスキルアップのために進む1年または2年の課程という意味のものもあるので、それとは区別しなくてはなりません。







キーワードでサイト内を検索