養成校の中で最も数の多いのが短大

« 保育士を養成する短大について | 保育士が大好きトップページへ戻る | 3年制の短大も増えつつある »

保育士が大好きへお越し頂き有り難うございます。少子化の時代だからこそ、子供のお世話をさせて頂く立場の私たちの質が問われているように感じます。保育士は国家資格なので、保育所やその他の児童福祉施設で働いた経験がなくても、保育のスペシャリストとして子どもに関わるさまざまな仕事に就くことが出来るのが大きなメリットです。実際に、児童福祉関連の事業や民間の保育サービスなど、保育士の資格を採用要件としているところは増えてきており、保育士としての資格を生かす場は今後もますます広がって行くと推測されています。 本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。



養成校の中で最も数の多いのが短大

保育士を養成する短大の特徴は、一般の短大のカリキュラムと比べて、演習や実習が多くなることがあげられます。2年制でも3年制でも、短大を卒業すると、短期大学士の称号がもらえ、大学への編入も認められます。保育士の養成校としては、短大が最も数が多く、すべての都道府県に養成校に指定された短大があるのも魅力です。私立の割合が多く、初年度に必要な費用は私立の場合で、約150万円程度になるようです。公立の養成校は数が少ないだけでなく、入学定員もほとんどが50名程度です。







キーワードでサイト内を検索