各養成校の選考方法は

« 入学試験の種類には | 保育士が大好きトップページへ戻る | 保育士養成の専門学校とは »

保育士が大好きへお越し頂き有り難うございます。少子化の時代だからこそ、子供のお世話をさせて頂く立場の私たちの質が問われているように感じます。保育士は国家資格なので、保育所やその他の児童福祉施設で働いた経験がなくても、保育のスペシャリストとして子どもに関わるさまざまな仕事に就くことが出来るのが大きなメリットです。実際に、児童福祉関連の事業や民間の保育サービスなど、保育士の資格を採用要件としているところは増えてきており、保育士としての資格を生かす場は今後もますます広がって行くと推測されています。 本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。



各養成校の選考方法は

選考方法には、学科試験や小論文試験、書類審査、面接、適性検査や実技試験などがあります。推薦入試では、一般的に面接と書類審査が中心になりますが、学校によっては、作文やピアノ、歌などの実技試験もあります。一般入試の場合、専門学校では面接と作文、書類審査の他、学校によって、現代国語や英語などの試験があるところもあります。大学では学科試験のみが行なわれます。英語、国語、数学などを含んだ複数教科のうち、2~3教科を選んで試験を受けるケースが多くみられます。短大では、専門学校に近い方法で選考することも多いですが、学校によっては、大学のように学科試験が課せられるところもあります。







キーワードでサイト内を検索