公営と私営の待遇の違い

« 私営保育所の休日と休暇 | 保育士が大好きトップページへ戻る | 通所型と入所型の勤務形態の違い »

保育士が大好きへお越し頂き有り難うございます。少子化の時代だからこそ、子供のお世話をさせて頂く立場の私たちの質が問われているように感じます。保育士は国家資格なので、保育所やその他の児童福祉施設で働いた経験がなくても、保育のスペシャリストとして子どもに関わるさまざまな仕事に就くことが出来るのが大きなメリットです。実際に、児童福祉関連の事業や民間の保育サービスなど、保育士の資格を採用要件としているところは増えてきており、保育士としての資格を生かす場は今後もますます広がって行くと推測されています。 本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。



公営と私営の待遇の違い

保育所以外の児童福祉施設でも、公営と私営の区別があり、公営では公務員、私営では会社員ということになります。公営の施設で働く保育士の待遇は、公営の保育所の保育士と変わりませんが、一部例外として、国立の児童自立支援施設や知的障害児施設に勤める保育士は、国家公務員の福祉職としての待遇になります。児童福祉施設の場合は、私営といっても社会福祉法人が運営するものが多いことから、民間企業の参入がある保育所の場合と違い、保育士の待遇に大きな違いはみられません。給与制度は多くのところが地方公務員にならい、厚生年金や雇用保険、労災保険や健康保険の適用が受けられます。退職金は社会福祉法人だと、社会福祉医療事業団が運営する退職金制度や全国社会福祉協議会の退職共済制度、各都道府県の共済制度などがあります。ただ、私営の児童福祉施設の場合、待遇はあくまでも施設ごとの判断となるため、就職の際には確認が必要です。







キーワードでサイト内を検索