給料以外の手当て

« 保育士は福祉職の地方公務員 | 保育士が大好きトップページへ戻る | 公務員の有給休暇 »

保育士が大好きへお越し頂き有り難うございます。少子化の時代だからこそ、子供のお世話をさせて頂く立場の私たちの質が問われているように感じます。保育士は国家資格なので、保育所やその他の児童福祉施設で働いた経験がなくても、保育のスペシャリストとして子どもに関わるさまざまな仕事に就くことが出来るのが大きなメリットです。実際に、児童福祉関連の事業や民間の保育サービスなど、保育士の資格を採用要件としているところは増えてきており、保育士としての資格を生かす場は今後もますます広がって行くと推測されています。 本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。



給料以外の手当て

地方公務員は給料以外に各自治体の支給要件にしたがって、諸手当が支給されます。調整手当、通勤手当、扶養手当、住居手当、超過勤務手当=時間外勤務手当、特殊勤務手当など、いろいろな種類があります。調整手当(物価が高い地域に勤務する公務員に、待遇面で不公平にならないため支払われる手当)と特殊勤務手当(職種ごとに存在するさまざまな固有の手当の総称。著しく危険、不快、不健康をともなう職務についている職員に支払われる手当)は、公務員制度改革で今後は支給形態が変わるか、廃止になる可能性があるようです。このほかにも、期末・勤勉手当というボーナスや退職手当があります。







キーワードでサイト内を検索