知的障害児施設での保育士の仕事

« 母子生活支援施設での保育士の仕事 | 保育士が大好きトップページへ戻る | 肢体不自由児の施設での保育士の仕事 »

保育士が大好きへお越し頂き有り難うございます。少子化の時代だからこそ、子供のお世話をさせて頂く立場の私たちの質が問われているように感じます。保育士は国家資格なので、保育所やその他の児童福祉施設で働いた経験がなくても、保育のスペシャリストとして子どもに関わるさまざまな仕事に就くことが出来るのが大きなメリットです。実際に、児童福祉関連の事業や民間の保育サービスなど、保育士の資格を採用要件としているところは増えてきており、保育士としての資格を生かす場は今後もますます広がって行くと推測されています。 本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。



知的障害児施設での保育士の仕事

知的障害児施設の利用対象者は、知能指数がおおむね70以下で、入所して集中訓練が必要である、何らかの理由で保護者から養育が受けられない、また、保護者に養育をまかせることが不適当と思われるといった理由がある子どもたちです。原則は18歳までとなっていますが、重い障害がある場合などは引き続き利用できるので、入所者の半数以上は成人というのが実情です。小中学生は日中養護学校や地域の学校へ行きますが、成人している入所者は、施設内で作業や訓練を行ないます。

その他の知的障害児施設には、知的障害児通園施設(保護者のもとから通うタイプの施設です。養護学校などの整備が整ってきているため、利用者のほどんどが小学校入学前の子どもです。)や、自閉症児施設(自閉症を主な症状とする知的障害児のための施設です。医療法上病院である第1種自閉症児施設、病院などではない第2種自閉症児施設があります。どちらにも保育士を設置する義務があります。まだまだ数が少ないので、知的障害児施設に在籍している自閉症の子どももたくさんいます。)があります。

知的障害児施設で保育士は、食事・排泄・入浴・着脱衣などの介助と指導や健康管理、小学校入学前の子どもの保育、余暇の指導や書類の整理などの仕事をします。具体的には、自分で食事を取れなかったり、好き嫌いが激しい利用者に付き添って支援をします。また、排泄に関しては、トイレに誘導し、排泄後の処理などもします。近年では在宅の福祉サービスが整備されてきており、施設に入所するのはより障害が重度の場合が増えてきています。利用期間も長期にわたります。知的障害児通所施設で働く保育士は、主な利用者が乳幼児であるため、保育所と同じような援助を行なうのが役割となります。








キーワードでサイト内を検索