母子生活支援施設での保育士の仕事

« 情緒障害児短期治療施設での保育士の仕事 | 保育士が大好きトップページへ戻る | 知的障害児施設での保育士の仕事 »

保育士が大好きへお越し頂き有り難うございます。少子化の時代だからこそ、子供のお世話をさせて頂く立場の私たちの質が問われているように感じます。保育士は国家資格なので、保育所やその他の児童福祉施設で働いた経験がなくても、保育のスペシャリストとして子どもに関わるさまざまな仕事に就くことが出来るのが大きなメリットです。実際に、児童福祉関連の事業や民間の保育サービスなど、保育士の資格を採用要件としているところは増えてきており、保育士としての資格を生かす場は今後もますます広がって行くと推測されています。 本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。



母子生活支援施設での保育士の仕事

母子生活支援施設とは、18歳未満、必要に応じて20歳未満の子どもを持つ母親で、未婚・離婚・死亡などの理由により夫がいない場合(経済的理由)や配偶者による家庭内暴力、配偶者の心身の障害により長期間働けないなどの事情がある場合に入所する施設です。利用者の年齢は、母親で10代から60代くらい、その子どもで乳幼児から高校生くらいまでと幅広いので、支援の内容も非常に多岐にわたっています。この施設の場合、生活は部屋が各家庭ごと独立しており、施設としての日課は特にないのが特徴です。この施設から母親は職場に通い、子どもたちは学校や保育所に通います。

この施設で保育士は、主に母子生活支援施設の任用資格で、保育士の資格があればなれる母子指導員、あるいは、母子生活支援施設の中にある、保育所に準じる施設の保育士として働きます。母子指導員として働く場合、母親には就労援助や日々の生活の援助、育児に関する相談、援助などを行い、子どもには保育や学習指導を行ないます。他にも、母親が働いている早朝や夜間の保育、病気の子どもや保育所に入れない子どもの保育、また、臨時の送り迎えや下校した子どもたちに生活指導や学習指導をするなどの役割があります。保育所に準じる施設の保育士として雇われた場合には、保育所と同じような仕事をします。








キーワードでサイト内を検索