情緒障害児短期治療施設での保育士の仕事

« 児童自立支援施設での保育士の仕事 | 保育士が大好きトップページへ戻る | 母子生活支援施設での保育士の仕事 »

保育士が大好きへお越し頂き有り難うございます。少子化の時代だからこそ、子供のお世話をさせて頂く立場の私たちの質が問われているように感じます。保育士は国家資格なので、保育所やその他の児童福祉施設で働いた経験がなくても、保育のスペシャリストとして子どもに関わるさまざまな仕事に就くことが出来るのが大きなメリットです。実際に、児童福祉関連の事業や民間の保育サービスなど、保育士の資格を採用要件としているところは増えてきており、保育士としての資格を生かす場は今後もますます広がって行くと推測されています。 本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。



情緒障害児短期治療施設での保育士の仕事

情緒障害児とは具体的に、不登校や引きこもり、家庭内暴力などの問題行動がみられる子ども、また、チックや拒食症、過食症などの神経症症状がみられる子どものことをあらわします。原則18歳まで、必要に応じて20歳までが対象になります。主に小中学生が利用しているのですが、近年では年齢が上がり、利用年数も長くなる傾向があるようです。設立当初は非行問題を抱える子どもが多かったのですが、だんだん不登校の子どもが増え、現在では虐待を受けた子どもの治療が中心となっています。情緒障害児短期治療施設に入所し、規則正しい生活を送りながら施設内の学校、あるいは地域の学校に通います。施設では、専門家により心理治療などを受けます。登校が難しい子どもの場合は、施設内で職員と一緒に勉強することもあります。自宅から施設に通って治療や援助を受ける場合もあります。

この施設では、保育士は児童指導員と一緒に主に生活指導を担当します。他にも、医師や心理療法士などによる心理治療や、学習指導が行なわれます。心理治療を行なうにあたって、生活の安定は不可欠なものであり、自立のための基礎を作るという目的のためにも、生活指導はより重要になってくると考えられます。食事・排泄・入浴・清掃などに関する正しい知識から、生活のリズムを整えるための援助を行なうのが保育士の仕事となります。また、遊びやスポーツ、作業などの集団行動の中から、思いやりや正しい自己主張を育てる援助をする役割もあります。家庭や学校とのやりとりやいろいろな書類の整理も保育士の仕事です。








キーワードでサイト内を検索