児童自立支援施設での保育士の仕事

« 児童養護施設での保育士の仕事 | 保育士が大好きトップページへ戻る | 情緒障害児短期治療施設での保育士の仕事 »

保育士が大好きへお越し頂き有り難うございます。少子化の時代だからこそ、子供のお世話をさせて頂く立場の私たちの質が問われているように感じます。保育士は国家資格なので、保育所やその他の児童福祉施設で働いた経験がなくても、保育のスペシャリストとして子どもに関わるさまざまな仕事に就くことが出来るのが大きなメリットです。実際に、児童福祉関連の事業や民間の保育サービスなど、保育士の資格を採用要件としているところは増えてきており、保育士としての資格を生かす場は今後もますます広がって行くと推測されています。 本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。



児童自立支援施設での保育士の仕事

児童自立支援施設とは、窃盗や傷害、家出、万引き、薬物乱用、喫煙、飲酒、性的非行などの不良行為を行なう児童や、行なう恐れのある児童、また、引きこもりや不登校、虐待を受けた児童などが入所するところです。対象年齢はだいたい小学校高学年から、原則18歳まで、また必要に応じて20歳までですが、中学卒業と同時に退所するケースが多いです。保護者のもとから施設に通うケースもありますが、ほとんどは施設内の寮に入って規則正しく暮らします。寮は定員10名ほどで、小舎夫婦制といって夫婦である職員と一緒に暮らす制度が約半数を占めています。子どもたちは寮と同じ施設内にある小中学校で授業を受けます。1年程度の入所で退所していく子どもたちが多いようです。

この施設で働く保育士は、児童自立支援施設の任用資格であり、保育士の資格があればなることができる児童生活支援員として仕事をします。生活指導、学習指導、作業指導と施設で行なわれる指導のうち、生活指導を担当します。食事や入浴、着脱衣に関する介助が必要な子どもは年齢的にいないので、主な仕事は、食事マナーの指導や服装のチェック、言動、態度、集団行動などの観察や指導、また、健康管理や家庭、児童相談所とのやりとり、書類の整理などがあります。非行少年たちの中には虐待の経験を持つものも多く、それらの心のケアも大切な仕事です。








キーワードでサイト内を検索