児童養護施設での保育士の仕事

« 乳児院での保育士の仕事 | 保育士が大好きトップページへ戻る | 児童自立支援施設での保育士の仕事 »

保育士が大好きへお越し頂き有り難うございます。少子化の時代だからこそ、子供のお世話をさせて頂く立場の私たちの質が問われているように感じます。保育士は国家資格なので、保育所やその他の児童福祉施設で働いた経験がなくても、保育のスペシャリストとして子どもに関わるさまざまな仕事に就くことが出来るのが大きなメリットです。実際に、児童福祉関連の事業や民間の保育サービスなど、保育士の資格を採用要件としているところは増えてきており、保育士としての資格を生かす場は今後もますます広がって行くと推測されています。 本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。



児童養護施設での保育士の仕事

児童養護施設は、親の就労や親の放任・怠惰また虐待などの理由で保護者と一緒に生活できない2歳から18歳までの子どもが入所する施設です。大学への進学や知的障害などで18歳になっても自立できない場合には、20歳まで施設に残ることもできます。また、現在では看護師が施設に配置されていれば、すでに兄姉が施設に入所している場合などに限って、2歳未満でも入所できるようになっています。児童養護施設で暮らす子どもたちは、朝起きて、朝食をとったら幼稚園や学校に行き、夕食前に施設に戻るといった生活をしています。小学校入学前の子どもは施設で保育を受ける場合もあります。最近では一戸建てほどの建物に少人数で暮らすスタイルの施設が増えており、より一般家庭に近い雰囲気になっています。

保育士は、児童指導員または看護師などと一緒に、幅広い年齢の子どもたちを対象にして、食事、着脱衣、排泄、入浴などの手助けや指導、健康管理や学習の指導など、自立に向けた援助を24時間体制で行なっています。また、学校や家庭との連絡を取り合ったり、書類の整理などもし、施設によっては、食事の準備や片付け、洗濯や掃除なども業務に含まれます。さらに重要な仕事として、心に傷を負った子どもたちのケアやさまざまな悩みの相談にのることなどがあります。子どもが施設を退所した後でもこの役目は続きます。








キーワードでサイト内を検索