保育士の仕事は毎日違う

« 保育所での日課にそった生活 | 保育士が大好きトップページへ戻る | 乳児院での保育士の仕事 »

保育士が大好きへお越し頂き有り難うございます。少子化の時代だからこそ、子供のお世話をさせて頂く立場の私たちの質が問われているように感じます。保育士は国家資格なので、保育所やその他の児童福祉施設で働いた経験がなくても、保育のスペシャリストとして子どもに関わるさまざまな仕事に就くことが出来るのが大きなメリットです。実際に、児童福祉関連の事業や民間の保育サービスなど、保育士の資格を採用要件としているところは増えてきており、保育士としての資格を生かす場は今後もますます広がって行くと推測されています。 本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。



保育士の仕事は毎日違う

特別な行事などがないかぎり、保育所の1日は日課にそって、決まった流れで進みます。ですが、保育士は毎日同じことをただ繰り返しているのではなく、日々心身ともに急激に成長、発達している子どもたちへの対応は毎日違うものとなります。子どもたちの心身の健全な成長、発達のためには、保育士もそれにそったはたらきかけをする必要があります。また、日誌や連絡帳に記入することは、保育士にとって重要な日課ですが、子どもとの関わりや保育の準備、片付けなどの合間をみて行なわないといけないため、時には時間が思うように取れないこともあるのです。このように、毎日の決まった日課の中でも保育士の仕事は思った以上に毎日違うものになっています。







キーワードでサイト内を検索