増える保育ニーズと保育士の仕事

« 連絡帳の記入やクラスだよりなど | 保育士が大好きトップページへ戻る | 保育所での日課にそった生活 »

保育士が大好きへお越し頂き有り難うございます。少子化の時代だからこそ、子供のお世話をさせて頂く立場の私たちの質が問われているように感じます。保育士は国家資格なので、保育所やその他の児童福祉施設で働いた経験がなくても、保育のスペシャリストとして子どもに関わるさまざまな仕事に就くことが出来るのが大きなメリットです。実際に、児童福祉関連の事業や民間の保育サービスなど、保育士の資格を採用要件としているところは増えてきており、保育士としての資格を生かす場は今後もますます広がって行くと推測されています。 本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。



増える保育ニーズと保育士の仕事

近年では出産後も仕事を続ける母親が増え、シフト勤務や夜勤のある職場、休日が不規則な職場で働く保護者にとっては、延長保育などの保育サービスが必要不可欠となってきています。このニーズに対応するため、認可保育所や認可外保育所では、以前は特殊とされていた保育サービスを一般的なものとして行なうようになってきました。延長保育以外にも、おもな保育サービスとして、乳児保育、障害児保育、一時保育、休日保育、夜間保育などがあります。具体的には以下の通りです。

延長保育…通常の保育時間の11時間を越えて行なう保育のこと。認可保育所では月極めで契約するのがほとんどだが、認可外保育所では1日単位や時間単位での契約も行なう。

乳児保育…出産後すぐに働きたい母親のニーズに対応するための保育サービス。生後6ヵ月から受け入れるところが一般的だが、地域や保育所によっては生後2ヵ月から預かるところもある。

障害児保育…仕事などの関係で保護者が保育を行なえない障害のある子どものうち、集団保育が可能な子どもを受け入れて、健常児と一緒に保育を行なうサービス。この保育を行なう保育所には、保育士の増員(公営)や補助金の加算(私営)が行なわれる。

一時保育…保護者の急用で家庭での保育が困難になった時、一時的に保育を行なうサービス。1日単位や時間単位の契約が一般的。急用の内容においては、出産、事故、看護、急病、介護、冠婚葬祭などがある。

休日保育…日曜日や祝日に子どもを預かるサービス。認可保育所でも実施が増えているが、認可の場合は仕事や病気などのやむを得ない場合にしか利用できない。

夜間保育…延長保育を超えて行なわれるものだが、宿泊をともなわない保育サービス。地域によっては認可保育所でも行なわれている。








キーワードでサイト内を検索