保育士が作成する指導計画

« 子どもの遊びの種類 | 保育士が大好きトップページへ戻る | 連絡帳の記入やクラスだよりなど »

保育士が大好きへお越し頂き有り難うございます。少子化の時代だからこそ、子供のお世話をさせて頂く立場の私たちの質が問われているように感じます。保育士は国家資格なので、保育所やその他の児童福祉施設で働いた経験がなくても、保育のスペシャリストとして子どもに関わるさまざまな仕事に就くことが出来るのが大きなメリットです。実際に、児童福祉関連の事業や民間の保育サービスなど、保育士の資格を採用要件としているところは増えてきており、保育士としての資格を生かす場は今後もますます広がって行くと推測されています。 本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。



保育士が作成する指導計画

保育士の重要な仕事のひとつとして、書類の作成があります。保育経過の記録以外の書き仕事は、主に昼寝の時間帯や休憩時間などで行ないます。しかし、その日の状況によっては時間が取れないこともあるので、その場合は家に持ち帰って書くケースもあるようです。個別指導計画は、代表的な書類のひとつです。保育所がそれぞれの保育方針や保育目標などを具体化するため、子どもたちの成長や発達を予測し、年間や月間で作成します。それにそって、個別の計画や週や日単位の計画を立てていきます。また、その結果を記録し、その後の保育の参考にしていくのです。







キーワードでサイト内を検索