正しい生活習慣を身につけさせる

« 保育士の基本的な役割 | 保育士が大好きトップページへ戻る | 保護者への保育指導 »

保育士が大好きへお越し頂き有り難うございます。少子化の時代だからこそ、子供のお世話をさせて頂く立場の私たちの質が問われているように感じます。保育士は国家資格なので、保育所やその他の児童福祉施設で働いた経験がなくても、保育のスペシャリストとして子どもに関わるさまざまな仕事に就くことが出来るのが大きなメリットです。実際に、児童福祉関連の事業や民間の保育サービスなど、保育士の資格を採用要件としているところは増えてきており、保育士としての資格を生かす場は今後もますます広がって行くと推測されています。 本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。



正しい生活習慣を身につけさせる

保育所では、子どもたちが1日の大半を過ごすため、食事やトイレ、着替えや寝ることなどのしつけも、保育士の役割となります。子どもの年齢や発達にあわせて、いろいろな習慣が正しく身につくよう援助していきます。0歳児には離乳食で食べることを徐々に身につけさせたり、おむつはずしも保護者と協力しながら行なっていきます。また、保育士は子どもたちに遊びに対する働きかけをしていきます。遊びは子どもたちにとって、楽しみや喜びであり、心身の発達にも関わる大切なものだからです。子どもたちが遊びに熱中する状況をつくり、遊びを年齢に応じてリードしていくのです。







キーワードでサイト内を検索