保育士の基本的な役割

« 補助金を受けている施設 | 保育士が大好きトップページへ戻る | 正しい生活習慣を身につけさせる »

保育士が大好きへお越し頂き有り難うございます。少子化の時代だからこそ、子供のお世話をさせて頂く立場の私たちの質が問われているように感じます。保育士は国家資格なので、保育所やその他の児童福祉施設で働いた経験がなくても、保育のスペシャリストとして子どもに関わるさまざまな仕事に就くことが出来るのが大きなメリットです。実際に、児童福祉関連の事業や民間の保育サービスなど、保育士の資格を採用要件としているところは増えてきており、保育士としての資格を生かす場は今後もますます広がって行くと推測されています。 本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。



保育士の基本的な役割

子どもを心身ともに健康な状態で預かることが、保育士のもっとも基本的な役割です。ですから、保育士は毎日登所から降所まで子どもの顔色や顔つき、声の調子、行動などを常にチェックし、子どもの気持ちをくみとり、一人ひとりの欲求を適切に満たしていきます。また、生理機能や運動機能が未発達な子どもたちの病気やケガを防ぐため、保育所全体を清潔と安全な状態を保つことも大切な仕事になります。近年では、延長保育や乳児保育、障害児保育やアトピー性皮膚炎の子どもの増加などから、より重要で難しい役割となってきています。







キーワードでサイト内を検索