補助金を受けている施設

« その他の認可外保育施設 | 保育士が大好きトップページへ戻る | 保育士の基本的な役割 »

保育士が大好きへお越し頂き有り難うございます。少子化の時代だからこそ、子供のお世話をさせて頂く立場の私たちの質が問われているように感じます。保育士は国家資格なので、保育所やその他の児童福祉施設で働いた経験がなくても、保育のスペシャリストとして子どもに関わるさまざまな仕事に就くことが出来るのが大きなメリットです。実際に、児童福祉関連の事業や民間の保育サービスなど、保育士の資格を採用要件としているところは増えてきており、保育士としての資格を生かす場は今後もますます広がって行くと推測されています。 本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。



補助金を受けている施設

認可外保育所の中でも自治体から運営費の補助を受けている施設があります。認可外は法の外の保育施設にあたるため、本来ならば公的な補助を受けることはできないのですが、待機児童が深刻な問題となっている都市部の自治体の多くでは、自治体独自の基準をもうけ、その基準を満たす認可外に対して運営費の補助を行なっているのです。主なものとしては、東京都の認証保育所、横浜市の横浜保育室、千葉市の千葉市保育ルーム、仙台市のせんだい保育室などがあります。これらは一般的に、0~2歳児を対象とするものが多く、施設や保育者の基準が認可よりも甘く、認可外に対する指導監督基準よりも厳しくなっています。この制度は、自治体によってある場合とない場合があり、補助金の金額もそれぞれです。







キーワードでサイト内を検索