保育士が国家資格となった背景

« 保育士は国家資格 | 保育士が大好きトップページへ戻る | 保育士と幼稚園の先生の違い »

保育士が大好きへお越し頂き有り難うございます。少子化の時代だからこそ、子供のお世話をさせて頂く立場の私たちの質が問われているように感じます。保育士は国家資格なので、保育所やその他の児童福祉施設で働いた経験がなくても、保育のスペシャリストとして子どもに関わるさまざまな仕事に就くことが出来るのが大きなメリットです。実際に、児童福祉関連の事業や民間の保育サービスなど、保育士の資格を採用要件としているところは増えてきており、保育士としての資格を生かす場は今後もますます広がって行くと推測されています。 本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。



保育士が国家資格となった背景

保育士が国家資格となったことの背景には、保育士でない者が保育士を名乗ってその社会的信用を失わせていたり、地域の子育て支援を行う専門職として保育士の重要性が高まっていたりすることなどがあります。保育士の有資格者を守るために、都道府県知事への登録を義務付けました。また、保育士としての守秘義務や、保育士の信用を落とす行為をした者への罰則も設けられました。また、現在の保育士には児童の保育だけでなく、保護者に対して保育に関する指導を行うことも仕事のひとつとなっており、従来の保母よりも役割が増してきているといえるでしょう。







キーワードでサイト内を検索