保母が保育士のルーツ

« 技術面の他に人間性も見られている | 保育士が大好きトップページへ戻る | 保育士は国家資格 »

保育士が大好きへお越し頂き有り難うございます。少子化の時代だからこそ、子供のお世話をさせて頂く立場の私たちの質が問われているように感じます。保育士は国家資格なので、保育所やその他の児童福祉施設で働いた経験がなくても、保育のスペシャリストとして子どもに関わるさまざまな仕事に就くことが出来るのが大きなメリットです。実際に、児童福祉関連の事業や民間の保育サービスなど、保育士の資格を採用要件としているところは増えてきており、保育士としての資格を生かす場は今後もますます広がって行くと推測されています。 本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。



保母が保育士のルーツ

現在でも保育士を指す言葉として「保母」が使われますが、それは保母が保育士のルーツであり、長く親しまれてきたからでしょう。もともと「保母」の資格は終戦間もない昭和23年頃、「児童福祉施設で児童の保育に従事する女子」という定義でつくられ、ここで言う児童福祉施設とは、児童福祉法にもとづく児童や妊産婦の福祉を図るための施設のことで、保育所も含まれています。そのため、長い間保母の資格は女性に限定されていました。昭和52年に、男性も保母資格を取ることが認められるようになり、通称で「保父」と呼ばれました。平成10年の児童福祉法改正にともない、保母は保育士という男女共通の名称に変わりました。しかし、この時点では、ただ名称が変わっただけに過ぎず、現在の保育士とは立場や役割が大きく違うものでした。







キーワードでサイト内を検索