ピアノ試験の対策

« 面接試験の対策 | 保育士が大好きトップページへ戻る | 私営の保育所や施設に就職したい場合 »

保育士が大好きへお越し頂き有り難うございます。少子化の時代だからこそ、子供のお世話をさせて頂く立場の私たちの質が問われているように感じます。保育士は国家資格なので、保育所やその他の児童福祉施設で働いた経験がなくても、保育のスペシャリストとして子どもに関わるさまざまな仕事に就くことが出来るのが大きなメリットです。実際に、児童福祉関連の事業や民間の保育サービスなど、保育士の資格を採用要件としているところは増えてきており、保育士としての資格を生かす場は今後もますます広がって行くと推測されています。 本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。



ピアノ試験の対策

実技試験には、造形、言語、体育、音楽などがあり、全般を行なう自治体もありますが、多くの場合はピアノの試験が行なわれます。ピアノの試験は学校で習ったような曲目を、初見、課題曲、自由曲といった方法で出題されます。初見の場合は、試験当日に楽譜を渡されてそれを弾くといった形で、課題曲の場合は試験の前にあらかじめ曲目が示されます。場合によっては、「バイエル70番から90番のうち、当日指定する曲」といった形で指定されることもあります。自由曲は、自分で用意した曲を弾く形です。弾き歌いをするケースもあるようです。あわてず、ゆっくりと落ち着いて弾き、間違えても気を取り直して引き続けることがポイントでしょう。







キーワードでサイト内を検索