作文・論文試験の対策

« 1次試験の試験対策 | 保育士が大好きトップページへ戻る | 面接試験の対策 »

保育士が大好きへお越し頂き有り難うございます。少子化の時代だからこそ、子供のお世話をさせて頂く立場の私たちの質が問われているように感じます。保育士は国家資格なので、保育所やその他の児童福祉施設で働いた経験がなくても、保育のスペシャリストとして子どもに関わるさまざまな仕事に就くことが出来るのが大きなメリットです。実際に、児童福祉関連の事業や民間の保育サービスなど、保育士の資格を採用要件としているところは増えてきており、保育士としての資格を生かす場は今後もますます広がって行くと推測されています。 本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。



作文・論文試験の対策

公務員試験では、高卒程度で作文試験が、短大卒程度で論文試験が課せられます。作文は、自分自身の経験にもとづいて考え、感想を述べる主観的な文章のことです。それに対し、論文は、与えられた事実や意見に対して考える自分の判断の正当性を、根拠を挙げ主張するという客観的な文章のことです。作文試験も論文試験も、60~90分間に800~1000字で書き上げるのが一般的です。文章のなかから保育士としての適性と意欲、基本的な国語力の有無が判断されます。対策としては、過去に出されたテーマにもとづき、時間をはかりながら実際に書いてみることです。そしてその書いたものを誰か他の人に読んでもらうことも必要でしょう。







キーワードでサイト内を検索