保育士採用試験の傾向と対策は

« 公務員採用試験に合格したら | 保育士が大好きトップページへ戻る | 1次試験の試験対策 »

保育士が大好きへお越し頂き有り難うございます。少子化の時代だからこそ、子供のお世話をさせて頂く立場の私たちの質が問われているように感じます。保育士は国家資格なので、保育所やその他の児童福祉施設で働いた経験がなくても、保育のスペシャリストとして子どもに関わるさまざまな仕事に就くことが出来るのが大きなメリットです。実際に、児童福祉関連の事業や民間の保育サービスなど、保育士の資格を採用要件としているところは増えてきており、保育士としての資格を生かす場は今後もますます広がって行くと推測されています。 本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。



保育士採用試験の傾向と対策は

多くの自治体の1次試験で、教養試験と専門試験が行なわれます。教養試験では、短大卒程度(自治体によっては高卒程度)の、社会科学や人文科学、自然科学、時事などからなる一般的知識と、文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈などからなる知能に関する問題が出題されます。専門試験では社会福祉、養護原理を含む児童福祉、精神保健を含む発達心理、保育原理、保育内容、保健衛生などから出題されます。教養試験も専門試験も、複数の選択肢から解答を1つ選ぶ択一式で出題されます。教養試験では、一部記述式の問題がある自治体もあります。







キーワードでサイト内を検索