先輩保育士の心得

先輩保育士の心得

保育士って実際のところ、どうなんですか
保育士が大好きへお越し頂き有り難うございます。少子化の時代だからこそ、子供のお世話をさせて頂く立場の私たちの質が問われているように感じます。保育士は国家資格なので、保育所やその他の児童福祉施設で働いた経験がなくても、保育のスペシャリストとして子どもに関わるさまざまな仕事に就くことが出来るのが大きなメリットです。実際に、児童福祉関連の事業や民間の保育サービスなど、保育士の資格を採用要件としているところは増えてきており、保育士としての資格を生かす場は今後もますます広がって行くと推測されています。これから保育士を目指す方は、きっと小さい頃に保母さん(今の保育 士)に憧れた皆さんでしょう。ぜひ夢を実現してください。そしてどんどん活躍し、未来を担う子供を大切に育てて欲しい。本サイトが少しでもお役に立てれば幸いです。



子供を信じて待つ

子供を認め、ほめる

子供の人権を考えながら接する

乳児保育は

子供たち全員に目と心をかける

子供一人一人を丸ごと受けとめる

虐待をいち早く発見する

考えることが身につく保育

子供たちと話し合って決める

すぐ泣き出す子の対応

子供がおもらしをした時の対応

乱暴な言葉づかいをする子への対応

いじめる子への対応

友達と遊ばない子への対応

嫌われてしまう子への対応

なんでも自分でできてしまう子への対応

保育者になつかない子への対応

子供が熱を出した時の対応